腸内環境を整えるべき理由|悪玉菌からカラダを救おう!

女性

お腹の仕事をサポート

お腹

お腹は大切

便秘や下痢を繰り返したり痛みがあったり何となく消化不良でガスが貯まったりするなどの不快感があるときは、食事内容を見直したり、生活リズムをきちんと整えたりして、腸内環境を整えることで改善できる事が多いです。また、腸内環境を整えることでダイエットにも繋がっていきます。夜遅い食事や睡眠不足、疲労や嗜好品でも腸内環境は大きく変わってしまいます。仕事が忙しく疲れた体ではお腹の働きが弱くなり、ほうっておくと様々な影響が出始めてしまいます。忙しくても大丈夫です。少しの工夫や習慣で腸内環境を整えることは出来ます。食べ物や発酵食品やサプリから乳酸菌や酪酸菌を接種することで腸内環境を整えることができるようになります。

少しの工夫

生活する上でよく目にするものは味噌やヨーグルト等の発酵食品です。日本は発酵食品と一緒に歩んできた文化があります。毎朝ヨーグルトを食べるのはよくある話ですが、実は食後に食べることにより乳酸菌を効果的に腸に届けることができます。また、お味噌汁は体をあたため、味噌に含まれる麹菌を体にいれることによりお肌も綺麗になります。お味噌汁を作るのが面倒なときには、お味噌を少し手に取り丸めてサプリのように飲むことで同じような効果があります。また豆腐にキムチをのせて冷蔵庫で1日寝かしてから食べると乳酸菌が増えてくれます。発酵食品以外でも乳酸菌や酪酸菌を使った胃腸薬を接種することで腸内環境を整えることができるようになります。忙しくても大丈夫です。食べ物や胃腸薬をつかって腸内環境を整えて体のメンテナスンをすることで体を整えていきましょう。